毒親・義両親との関係を改善したいなら自分の問題にも目を向ける

「結婚式で義父に〇〇だといわれた」
「義母から〇〇なことをされた」

本当なら幸せ一杯なはずの新婚生活が義家族のせいで台無しになった。
頭の中は、悲しみ、憎しみ、悔しさで一杯。

時間の経過とともに頭の中でリピートされる回数も増え、次はどんなことをされるのかとまだ起きてない未来のことを思って気持ちが落ち込む日々。

しかし、問題を複雑している原因の一つが、あなた自身にある可能性があることから目を背けてはいつまでたっても状況は変わりません。

このタイトルにカチンと来た方こそ、読み進めてみてください。

目の前の現実を受け入れる

もうあなたは気づいてるはずです。
目の前にいるパートナーや毒になる義両親が変わらないことを。

「親のことで迷惑かけて申し訳ない。もう親のことは無視していいから」

当時何度夫が言ってくれることを夢みたことか。
現実はその真逆。

次第に体調を崩し始めた私にむかって夫が言ったセリフは

「メンタルが弱いんじゃない?」

でした。ちーん。
相手に期待しても時間の無駄。

まずは自分自身ができることに目を向けましょう。

自分自身には問題はないだろうか?

毒になる義両親に関わった人間は、ほとんど誰もが間違いをおかしてしまう。

引用:毒になる姑

毒になる義両親、最強すぎる説。

被害者意識に飲み込まれない

何度も毒になる義両親から、結婚生活を阻害されると、夫婦だけで何かを決めたり、楽しんだりできないかもような錯覚に囚われます。

まぁ実際間違ってないんですけどね^^;

だけど実際100%人間をコントロールすることなんて不可能。
あなたが好きなように自分で決めて実行してることが生活の中にあるはずなのです。

「いつも」「すべて」「なにかも」
台無しにされてるという被害者意識からまず脱却しましょう。

何もかも義両親にコントロールされてるわけではない、と気づくことで、やり場のない怒りや無力感から少しづつ解放されます。

過剰反応しない

義両親に、すぐに言い返せる人なんてそうそういません。
大半の人間が、その場でぐっと感情を押し殺して耐えています。

そうして行き場を失った感情は、ささいなことがきっかけで爆発してしまいます。
目の前の出来事にふさわしくない感情が制御不能な状態で溢れ出てしまうのです。

私は、夫に対してそれが現れたのですが、尋常ではない切れ方に、自分でも頭がおかしくなったのかと悩んでいました。

そして、その原因は義両親に違いないと、義両親への憎しみで一杯だった私は思い込んでいたのですが、そうとは限らないんですよね。

もっと遠い過去、例えば自分の両親から言われたセリフ、職場で受けた不当な扱い、友人から受けたいじめ等、自分でも気づかないうちに過去の辛かった記憶と紐付けてる可能性があるのです。

『キレる私をやめたい』夫をグーで殴る妻をやめるまで

過剰適応で無理をしない

本当は辛くて仕方ないのに、義両親に笑顔で対応し、期待に応えようと感情に蓋をして無理をすることです。

自覚がある方、すぐに辞めましょう。

私は入院するほど体調を崩したことで、ようやく自分が無理してることに気づきましたが、おかげ様で仕事を失いました。

義両親を憎むより、「いい嫁」でいることで目の前の問題から逃げてたんですよね。

結婚生活に入り込んでくる義両親が嫌で仕方ないのに、目いっぱい明るく振舞ってました。

表面的にはうまくいってるように見えるのですが、毒になる義両親は、こういった嫁婿の対応をみてさらに図々しい行動を助長します。

結果私達はさらに追い込まれるのです。

だから絶対無理しちゃだめ!

自分の強さを過信しない

ほんとはめっちゃくちゃ辛いのに、泣き出したいほど悔しいのに、

「これくらい大丈夫。もっと大変な思いしてる人もいる」

なんて思っちゃってませんか??
それは自分を過信しすぎっす。

あなたは傷つくに十分に値する扱いを毒になる義両親から受けているし、それに腹を立てて行動を起こす権利があるんです。

例え、配偶者からの理解を得られなかったとしても。
だから間違っても「これくらい平気」なんて思わないようしましょう。

義家族からあなたを守れるのはあなただけです。

配偶者への過剰な期待をしない

「子供が出来たら」
「親と離れた新居での生活が始まったら」

残念ながら無理でござんす。
例え物理的な距離ができたとしても精神的にはがっつり繋がってるのが毒家族。

そろそろ気づいてくれはず
次こそは私の味方になってくれるはず

幼少期から叩き込まれた教えはそう簡単に抜けるものではありません。
そして期待すればするほど、裏切られた時のショックは大きく、そのストレスは過大です。

また、あなた自身が勝手に結婚前に期待していた理想を相手に押し付けていないか、冷静に判断する必要もあります。

結婚前から相手の家族への違和感にはあなたも薄々気づいてたはず。
大きな変化が一夜にして起きるわけがない、ということを理解しておきましょう。

そして、配偶者が不甲斐ないからといって相手の人間性全てを否定するようなことはしないこと!
あなたが選んで結婚した相手です。好きになった良いところはたくさんあります。

何より、自分の人間性全てを否定するような人のために変わってくれる人なんていません。

自分の態度こそが、パートナーがが変わるきっかけを潰してることもあるので要注意だよ!

まとめ:自分自身の問題に目を向ける

以上が自分自身で取り組めることです。
「なんで私が…変わらないといけないの!?」と腹が立つ方もいるかもしれません。

ですが、毒家族が自発的に変えるなんてこと宝くじにあたるくらい確率の低いこと。

怒りと恨みに包まれて毎日を過ごしたら損するのはあなた自身です。

毒家族相手には、長い時間と忍耐が必要です。

パートナーはその毒家族とずっと一緒に暮らしてきたのですから、親のおかしな点にすぐに気づけなくて当然なのです。

相手を責め、正論を突き付けるだけでは、毒家族の世界で悪者になるのはあなたです。
夫婦の間に絆ができてようやく、話し合いができます。

自分の理想の結婚価値観に固執しないようにしましょう。

居心地の悪い家を作ってしまえば、配偶者はますます毒家族の世界に逃げ込んでしまいます。

当時の私を救ってくれた名書

【毒になる姑】義両親が毒親。パートナーが無理解で苦しい時に読んで欲しい本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です