\amazonで最大5000ポイント還元中/

拒絶型の毒になる姑舅とは?特徴・夫婦関係への影響を実体験から徹底解説

このテーマは、私自身の結婚生活で得た経験から書いています。
結婚当初は戸惑い、苦しみましたが、対処法を知ったことで随分楽になりました。
今同じ悩みを抱えてる方の参考になればと思います。

毒になる義両親には、大きく分けて支配型/過干渉型/拒絶型の4タイプがあります。
その中の拒絶型について私の実体験からお話します。

拒絶型の毒になる義両親の特徴

自分の息子や娘が選んだ相手であることなど意にも介さず、「自分は」その相手が気に入らないということを残酷なやり方で伝える。

引用:毒になる姑

子供の嫁や婿を拒絶するタイプの毒になる義両親も存在します。

このタイプの親は、子供は自分の所有物であると勘違いしており、「親のいうことを聞かない子供が悪い」と信じて疑いません。

拒絶するタイプチェックリスト

  • 嫁や婿をのけ者にしようとする
  • 言うことを聞かない子供を拒絶する
  • 子供の人間関係をコントロールしようとする
  • 自分と違う価値観が認められない(全否定)

理由は「気に入らないから」

拒絶タイプの毒になる義両親の場合、嫁や婿を嫌う本当の理由を本人すら理解してないケースがあります。

もちろん、暴力やアルコール依存症、一般的に親が反対する相手は存在します。
しかしながら、毒になる義両親の場合、「自分の思うようなタイミングと結婚相手でない」という漠然とした理由から嫁や婿を拒絶するのです。

表向きには、社会的な地位や学歴、収入を理由に上げますが、子供が勝手に選んできた相手どというだけで気に食わないのです。

そのため、自分をことを理解してもらおうと努力したり、孫を産んでもその関係性が改善されないこともあります。

私の義父にも軽くこの「拒絶タイプ」が入ってました。

二人が離婚するよう模索する

最悪なケースだと、子供のいない所で、パートナーに別れるように要求します。

結婚前であれば、その異常性に気づき、離れることができますが、結婚した後ではそう簡単に別れれるものではありません。

そもそもなぜ、子供の意思を無視し、自分の感情だけで、子供の交際相手や結婚相手を決めようとするのでしょうか?

子供は自分の所有物

拒絶型の毒親は、子供の人生と自分の人生の一部と勘違いしてます。
そのため、自分達の許可なく結婚相手を決めたことに対して、「子供からの裏切り」だと感じているのです。

嫁や婿に対する数々のひどい仕打ちは「当然の報い」であり自分達は子供に裏切られた「被害者」。

お互いの会話が通じることはありません。

表向きは「わが子のため」

このタイプの親が最悪なのは、子供のパートナーを拒絶することが「子供のため」であると信じて疑わないことです。

パートナーを追い出すことで、自分達の城(家)が守れると思っているのです。

そのため、子供がいうことを聞かないとわかると、攻撃の対象をパートナーだけでなく子供にも向けるようになります。

子供を襲う罪悪感と後悔

今まで自分を大切にしてくれてると信じて疑わなかった両親からの仕打ちに子供は真剣に悩みます。
中には、結婚したことが本当に正しいのか疑問に思ってしまう人もいるでしょう。

私の夫もそうでした。
「君のせいで家族がバラバラになった」

今まで妄信していた両親から数々の嫌がらせを受け、夫がふと漏らした言葉です。
私にとってこれ以上辛い言葉はありませんでした。

問題があるのは義両親であることを忘れない

あまりの仕打ちに、自分が悪いのではないか、と苦しくなることもあるでしょう。
しかし、問題があるのは、子供の人生の変化と自立が認められない義両親の方なのです。

彼らは、自分達の価値観に固執し、子供が自分の意志を持つことを許さず、自分達以外の人間の人格を認めることができません。

そして義両親から攻撃範囲は徐々に拡大し、長期化するにつれて、自分の守ってくれるはずの配偶者の思いすら揺るがすようになるでしょう。

あなたに出来ることは、自分の守るために、限界点をしっかり決めておくことです。

私はこれを決めてなかったため大きな失敗をしました。
我慢しすぎて、体の壊してしまったのです。

限界点を越えたら、「離婚」という最終選択を検討する必要があります。

まとめ:拒絶する義両親

以上が拒絶タイプの毒になる義両親です。
支配型と似通ってる点があり、子を自分の所有物だと思ってる点は一緒です。

やっかいなことに、このタイプの毒になる義両親は、自分達は被害者であると信じて疑わないため、らゆる手段を使って攻撃してきます。

そのため、結婚生活を守るためには義両親と絶縁しか方法がない場合もあります。

毒になる義両親から洗脳された配偶者を味方につける方法【実体験】

[temp id=5]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です