転勤族ならネットはこれしかない!

人間関係を整理したことで人生が上向き始めた私の実体験

「この人から連絡が来ると返信を考えるだけで憂鬱….」

フリーランスとして独立した当初、連絡が来るたびに気持ちが落ち込む同僚がいました。
会社は辞めたもののお世話になった人だし、かといってこれから新しい人間関係を構築していかないといけない。

こういったジレンマの間で悩んでる方って少なくありません。
洋服やモノはばっさり捨てれるのに、人間関係となると途端に心がざわついて、判断できなくなるですよね。

大丈夫です。
後悔しない上手な人間関係の断捨離は、あなたの人生の運気を上げてくれます。

私の最も効果があった断捨離法と、その後起きた変化についてお話します。

仕事での断捨離

一番相手を選ばないといけないのが仕事での断捨離です。
もちろん会社を辞めたタイミングでばっさり、なら簡単ですが、勤めてる時だと厳しいですよね。

やみくもに自分の気持ちだけで断捨離しては、仕事上のトラブルを招く可能性もありますし、慎重さが必要です。

過去お世話になった人ほど切りにくい

前述した会社の同僚がまさにそうですが、一度でも過去にお世話になってる人だと、連絡を絶ちずらいんですよね。
決定的に何か嫌なことをされた相手ならやりやすいのですが、なかなかそうもいかない。

だからといって、会うとなんだか疲れてしまう。面倒なお願いごとをされることが多い。

私も、利用されるだけの関係に薄々気づきながらも「お世話になったし」「これからも助けてもらうことあるかも」「気まずくなると困るし」という罪悪感からずるずると切ることができずにいました。

相手はそれを理解した上で上手く利用してる

これは、その同僚との関係を絶ってから初めてわかったのですが、相手が私が嫌がってるのを理解していた、ということ。
わかった上で、こちらが断りにくいお願いをしてきてたんです。

というのも、私が今までと違う対応をし始めた途端に、すぐに態度を改めたから。
ひつこいほど面倒なお願いを繰り返しする人だっただけに、こんな機敏に相手の気持ちを察知する繊細があるのかと、意外でした。

そして、嫌われるだけのことをしてる自覚あってやっていた、ということを知り、今まで悩んでた自分がバカみたいで悲しかった。

面倒な人は、相手をよく見てます。
断れそうのない人を見極めて図々しいお願いをしてきてるのです。

もちろん全く悪意なく負担を強いてるケースもありますが、どっちにしろ「あなた」が苦しいのであれば、仕事の関係以上での付き合いは不要です。

  • 飲み会の誘い
  • 業務以外のお願い

徐々に仕事と関係ない部分から「お断り」することで相手との距離を置くようにしましょう。
上手くいけば相手が態度を改めてくれる可能性もあります。

時には嘘も方便

私の上司がそうだったのですが、飲み会一切参加しないことを会社から許可を得てました。
どうやったかといいますと、「奥さんが夜はご両親の介護で家を空けており、子供の世話を見る人が自分しかいない状況」であると嘘をついたことが始まりだったそう。

当時は、半分本当みたいな状況だったらしいのですが、おかげ様でそのことが社員全員の認識として定着する頃には、誰からも誘われなくなった、と誇らしげにいってました。私が会社を辞める時にオフレコで教えてくれた知恵です。

ストレスになるくらいの付き合いは、時には嘘も方便で、自分の身を守ったらいいんだなぁと、と笑えたのを覚えてます。

家族の断捨離

断捨離の中で最もエネルギーを使ったのが家族の断捨離でしたね…

義両親がいわゆる過干渉&支配型の毒親だったのですが、2年ほど悩みに悩んで、今は一切会っていません。以来、言葉で表しようがないくらい羽が生えたように楽になったあるよ。

この経験から、人生に一番必要な断捨離ほど、決断が苦しいということを学びました。
だからこそ、乗り越えた後の解放感ハンパなし。

なので今の人間関係の悩みが深ければ深いほど、断捨離を決行した後の人生の幸福上昇は半端ないですよ!

恋愛の断捨離

別れた後もついつい気になって、相手のSNSをのぞいてしまう。
私も若いころはしょっちゅうやってましたw

ただ見てるだけなら別にいいと思うのですが、嫉妬したり、妬んだりし始めたら要注意。
マイナスの感情は自分の人生まで悪い方向へひっぱっていってしまいます。

どうしてもその行動が辞めれない場合、SNSのアカウントごと削除してみましょう。
私自身の経験を後述してます。

嫌な友達と縁を切る

そもそも嫌いな相手なのだから、相手に気遣う必要なっし!
相手に嫌な思いさせられてるのに、それでもまだ相手を悲しませることを悩んでる。

あなた優しすぎますーーー!!!
私の友人なんて、悩みに悩んで携帯の番号を着信拒否したら、相手は、反省するどころか公衆電話からかけてきた、といってましたからね。強すぎでしょ。

悩む時間が無駄です。ぱりっと切っちゃいましょう。
ではどうやって断捨離するか、私が効果的だった方法をシェアします。

人間関係の断捨離の方法

SNSを辞める

私がしたことで、一番簡単にばっさりいけたのがFBアカウントを削除したこと。
当初は古くからの友人と唯一繋がってる大切なアカウントだったのですが、社会人になってからビジネスライクな友人やSNSを使って商売をしてる人の宣伝投稿ばかりを見るのに嫌気がさすように。

削除してしまうことで、古い友人との繋がりも切れてしまうので、数日迷いましたが、削除してほんとーによかったです。ついつい空き時間に開いてみてしまってた無駄な時間や、胸がザワザワしてしまうような投稿を目にしなくてよくなったことによる恩恵は想像以上。

でもって、無くなっても全く困らない、という現実に自分でも驚きました。
脱FBしてもう3年目ですすが、相変わらず困ることはありません。

連絡先・LINE

今の連絡手段といえばLINEですよね。
最初に書いた同僚からの連絡もいつもLINEでした。

ブロックすると角が立つしな、、となかなか行動に移せなかったのですが「そうだ!FBみたいにアカウント削除すればいいのか」と思い、IDを削除。

これも驚くほど効果があり!!
面倒な誘いや、仕事の打診、どれもこれも、私自身のプラスになるものではなく、単なるストレスだったんだなぁ、と連絡を絶つことでしみじみ実感できました。

そして、ご縁がある人とは、FBアカウントやLINEでの繋がりが切れても、また自然とご縁が繋がりました。不思議なもんだ。

断捨離は良いことばかり?デメリットとは

実は、一つだけ後悔してる断捨離があります。

友人関係で後悔してる断捨離

ガンで闘病中の友人との連絡手段を絶ってしまったことです。
結婚を機に遠い異国に嫁いだ彼女にとって、たまに日本語で気兼ねなく連絡できる私との連絡に救われてる、と話してくれてました。

共通の友人も多い上にもともとgmailでのやり取りがメインだったので、ラインID削除したくらいで連絡がとれなくなるとは思わず、気にも留めてなかったのですが、予想外なハプニングが続き、3年経過した今でも連絡が取れないままなのです…

これは想像もしてないまさかの展開で、唯一後悔してる断捨離です。
正確には、断捨離するつもりなかったのに断捨離になってしまった、というケースですね。

なので、絶対に連絡先を失いたくない人のIDやメルアドは、削除前にメモっておきましょう。
但し、あまりに沢山メモすると断捨離の意味がないのでその辺りの塩梅はご自身で上手にご判断ください!

人間関係の断捨離でおすすめの本

50歳からの断捨離に関することなのですが、年齢関係なく参考になる良書です。
断捨離系の本でスピリチュアル的な話が多い中、実践的なので、悩んでる方の良い後押しをしてくれるノウハウが学べます。

amazonレビュー

本当に素晴らしい本だと思います。

善かった!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

すべての付き合いをやめて、誘いを一切断るという事ではありません。
人の整理をしたとしても「御縁」のある人とは自然とつながるから心配ない。
日常よくあるエピソードを元に考え方を解説されてるので、ストンと腹オチしました。

まとめ:人間関係の断捨離

以上が人間関係の断捨離に関するお話です。
人生の悩みの大半って人間関係なんですよね。だからこそ定期的にばっさりやるとすごく楽になるし、そのあとの人生が好転し始めます。

この記事が気になった時点で、あなたの中ではもう断捨離の準備が始まってます。
あとはあと一歩踏み出すだけ ( ✧Д✧) カッ!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。