エンハーブのハッピーポット・ロングストレーナは控えめにいって最高

エンハーブはハーブティーが美味しいのはもちろんですが、合わせて買っておきたいのがティーポット。以前のはそうでもなかったのですが(おぃ)、リニューアルされ、控えめにいって最高作品になりました。

ハッピーポットの詳細を見る

エンハーブのハッピーポット・ロングストレーナタイプとは

サイズ 形態:120(幅)×110(奥)×210(高さ)mm
材質 フタ:ポリプロピレン(耐熱温度100℃)、ハンドルバンド:ポリプロピレン(耐熱温度100℃)、ブッシング:シリコーンゴム(耐熱温度180℃)、ストレーナー・メッシュ部:ポリエステル、フレーム部:ポリプロピレン(耐熱温度120℃)、本体ガラス:耐熱ガラス(耐熱温度120℃)
内容量 700mL

作りはとてもシンプル。
本体、蓋、ストレイナーのみ。

余計な部品がないので、着脱も簡単&洗いやすいです。

ハッピーポットのカラーは2種類

出典:公式サイト

グリーンと私が購入したブラウンの2種類
我が家は夫が、色弱で緑が見えないので、迷わずブラウンにしましたが、グリーンもかわいいですよね💛

ハッピーポットの詳細を見る

エンハーブのハッピーポットをおすすめする5つの理由

①ハーブポットが深くメッシュは細かい

良いハーブティーポットかどうかって、茶葉がしっかりふくらむ空間があるかどうか、にかかってます。急須でもハーブティーは蒸らせるけど、ハーブ用で蒸らすのと雲泥の差があります。

この事を知らずに、急須でハーブティーを入れてる方や手軽なティーパックタイプを選ぶ方もいらっしゃるのですが、勿体ないっす!!
特にエンハーブのように品質の良いハーブを買うのであれば、是非ティーポットにもこだわって頂きたい!!

味や香りにももちろん差はありますが、何よりしっかり茶葉が開くことで大切なハーブの効能がしっかり抽出されるんですよね。

②ストレイナーの底が外せるので洗うのが簡単

この機能が購入の一番の決め手でした。
ストレイナーが深いと、そこに細かい茶葉が残ったり、それが原因で茶渋がついたりするんですよね。

そこがパカッとはずれすので、茶葉が簡単に流せて、掃除しやすい♪

ストレイナーのみの買い替え可能
古くなってきたらストレイナーのみ別売りで購入可能です。

③パーツが全て外せる

パーツが外れないタイプはきれいに洗えず、定期的に漂白する手間がかかったりするのですが、こちらのハーブポットは、構造がシンプルな上に、全パーツが楽々外せるので、清潔&洗ってもすぐに乾きます。

毎日使うポットだからこそ大切なポイント。

④ハッピーポットは見た目がかわいい

かわいいから見てて幸せになります💛
普段は仕事デスクのサイドテーブルに乗せてるのですが、目に入るとニンマリしちゃいます。
大好き。

⑤ハーブだけでなく紅茶や日本茶も美味しく煮出せる

ほうじ茶バージョン

これは私が勝手に併用してるだけなのですが、紅茶や日本茶もとっても美味しく煮出せます💛
たくさんモノがあるのが好きじゃないタイプなので、一つで併用できるのもうれしいポイント。

まとめ:エンハーブのハッピーポット

以上がエンハーブのハーブティーとぜひ一緒に使ってほしいハッピーポットのご紹介です。
リニューアルしてストレイナーがロングポットになり、最高に使いやすくなりました。

ハーブティーは飲まなくても生きていけます。

とはいえ、ほんの少しの贅沢で、ストレスが大爆発する前にガス抜きができるようになったので、そう思うと安い買い物です💛

自分のために時間を使うのが苦手な方こそこの茶器をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です