【レビュー】座敷わらしに好かれる部屋、貧乏神が取りつく部屋

今の私にまさに必要な本にようやく出会えた~
ここ1週間ほど、煮え切らない頭で悶々としていて、何冊か書籍を読んだのですが、ピンとこず。

ようやく出会えました。

「努力してるのに、結果がついてこない」
「どうすればいいのかわからない」

そんな方に読んでほしい本です。
やっぱり上手くいかない時って自分に原因がある。

この書籍を連続して3回読み直し、実践したことで、ここ半年くらいずっと重たかった肩回りがあというまに軽くなった。
その体でこの記事を書いてます。

座敷わらしに好かれる部屋、貧乏神がとりつく部屋とは

「どうして私ばっかり不幸なの!?」人生のどん底で出会ったのは、座敷わらしと貧乏神のコンビ…!?読んだら二度と「不幸な私」には戻れない、世にも不思議な片づけ物語。8000人の人生を変えた、片づけ×心理学。

ざっくりまとめると、部屋の片づけと人生の運気に関する本です。

そういう本なら読んだことある~と思う方も多いと思いますが、この本の一味違う点は、断捨離だとか、風水がどうのこうの、という話ではなく、生き方・思考そのものにアプローチした心理学ベースのお話なんです。

自分は頑張ってる、常識を守ってる、正しい行いをしてる、その自信過剰こそが、不幸の連鎖が起きる落とし穴。ひえ~

印象に残った3つのセリフ

いつも本を読みながら感動したページには折り目をつけていくのですが、この本に関しては、ほぼすべてのページに折り目がついちゃいました。
その中から3つ、特に印象に残ったセリフをピックアップしてご紹介します。

①理屈で考えることは負け戦

正しくなければならない。失敗してはならない。間違ってはならない。しなくてはならないことが増えるにつれ、心はどんどん窮屈になり、思いつく発想も貧しいものになっていくのです。

私のことです。うぅぅ~~~
ここ半年くらい、結果を出そうとすごく自分なりに頑張ってて、努力もしてて、やりたいと思ってることも我慢して、時間をきりつめて、、結果、いつも以下の成果しかだせなかった。

なんでなんだろう、って自問自答したら、結局は自分のやり方がダメだった。
目の前の利益に執着して、結果的に長期的な収益を逃すような働き方しか出来ていませんでした。

理屈だけでなく、自分が楽しい嬉しいと感じる、感情を大切にしないと、運は逃げていく。

②一方通行では幸せになれない

これまであなたは常に一方通行でした。夫を罵り、上司の嫌い、幸せを追い求め、自分を客観的にみることをしてこなかった。だからこそ加速的に不幸になることが実現できたのです。

家事をして、仕事もして、夫を助けたい。
これがすべて一方方向だった。

結果、思うような成果が出せず、いら立ちを夫にぶつけ、仕事だけでなく、家庭まで最悪な雰囲気にしてしまった。

理想の妻を取り繕って、無理をして、本音に蓋をして生きると、周囲の人に対して批判的になってしまう。そんな主婦がいる家庭が幸せになるか?ならない。

この本を購入するきっかけになったのも夫との喧嘩だもん;_;

③良い結果より良い感情が大切

幸せな結果は、幸せな状態から生まれる

真面目に働いて、ルールを守って、正しく生きる。
それそれで立派だけど、そういう人がみんな幸せになってるかって、現実はそうじゃないですよね。

少し気を抜いて、自由に生きてる人の方が、幸せそうで、魅力的だったりする。
正しいことから幸せが生まれるわけじゃない。

幸せは理屈じゃなくて「余裕に」ついてやってくる。

過去の職場にいた大嫌いな先輩そっくりになってた私

この書籍を読んで、気づいてしまった。
以前の職場に居た「あんな人にはならないようにしよう…」と思っていた人そのものに私自身がなっていたこと。

その人は、自分は真面目で常識的あるという前提の元に

  • 後輩に厳しく
  • 上司に非難的で

でもって誰よりも人生が思うように進んでない人でした。

そのことを自分でも不服に思ってるのが目に見えてわかるのですが、周りからみたら、身から出た錆であることは歴然

あぁ、あの時のおつぼね先輩、それこそが私ではないか。
だからこそこの半年間、全然上手くいかなかったんだ….

あぁ、恥ずかしい。
夫に謝りました。息苦しい思いをさせてごめんなさい、と。

口コミ・レビュー

人間関係や恋愛の本はかなり読んでいるのにうまくいかなかった、まるで主人公のユカさんのような私ですが、この本を通して、自分に足りなかったことが感覚的に腑に落ちました

人生に疲れたときに、何日かかけながらゆっくり読んでほしいなぁと思う本です。

自分でも気にしていなかった、心につっかえていたものがスッとなくなるような感覚がありました。不思議とそこから日々の小さな事に幸せを感じられるようになりました。

まとめ:座敷わらしに好かれる部屋、貧乏神が取りつく部屋

以上が、座敷わらしに好かれる部屋のレビューです。
自分は真面目に頑張ってるのに~~~と目くじら立ててる方に読んでもらいたい。

この本を読んでからゆっくりお茶を入れて、雑誌を読んで、半年ぶりに美容院へ行ってきました。
無駄だと思って、辞めてたことを思いっきり満喫。久々に感じれた頭の中のすっきり感。

おかげ様で、これからどうやって仕事をすればいいのか…という悩みはすべて解決しました!

そして、ストレスを感じながらでも「しなければならない」と思いながらやっていた掃除が気持ちよくできた。感動。

明日は夫と温泉旅行へ行ってきます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です